<< レンガ積み職人が遺した建造物〜愛知県編  黒漆喰と赤レンガ壁が調和し独特の景観を醸す味醂、清酒の醸造蔵(蟹江町) | main | ステンドグラスを見に行く  外国人客のダンスホールを飾った日本を象徴する風景を描いた富士屋ホテルのグラス(神奈川県箱根町) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.01.19 Monday

    レンガ積み職人が遺した建造物〜愛知県編  ものものしくガードされ、難しい説明板付きのランプ小屋(一宮市)

    0
       
      一宮市木曽川町黒田JR東海の木曽川駅があります。東海道本線の駅で隣り駅は、下り方面が岐阜駅、上り方面が尾張一の宮駅になります。


      Dsc_0323


      明治19(1886)年に官設鉄道(後の国鉄、JR)が、一ノ宮駅(現在の尾張一宮駅)から延伸した際の終着駅として開業しました。

      同20(1887)年に木曽川を越える橋梁が完成して、官設鉄道が対岸の加納駅(現在の岐阜駅)まで延伸し、大垣駅方面への既設線と繋がります。それまで大垣との間は人力車で連絡したといいます。



      Dsc_0317


      これによって木曽川駅は途中駅となります。翌年に初代の駅舎が完成しますが、2年後の同24(1891)年に発生した濃尾地震で壊滅的な被害を受け駅本屋は全壊してしまいます。



      Dsc_0319


      同25(1892)年に2代目の駅舎が完成し、平成20(2008)年に建て替えられるまで使用されました。

      現在の3代目駅舎は地元に多い織物工場ののこぎり屋根を現代風にアレンジしたデザインの鉄骨造2階建ての橋上駅舎です。

      駅舎は東西自由通路を兼ねていて駅の営業時間が終わっても徒歩での通行が可能となっています。また東西の出入口にエレベーターとエスカレーターが各1機設置されています。



      Dsc_0320


      西口を出てすぐのところに、大正元(1912)年にポイント切替のために使用する油を収納する油庫(ランプ小屋)として建造されたレンガ倉庫があります。

      平成20(2008)年に新駅舎ができた際に一宮市が譲り受け、当初設置されていた場所から数m移動して保存することになりました。



      Dsc_0321


      それにしても、油庫の周囲はスチールのフェンスを巡らし、フェンスを乗り越えないように先端を尖らししっかりとガードしています。

      確かに歴史的な遺産ですから落書きされたり、いたずらされるのは困るのですが、「ここまでやるか!」といった感さえ受けます。近寄りがたい雰囲気すらあります。



      Dsc_0322


      そして、このフェンスのすぐ側に教育委員会が記した大きな説明板があるのですが、この内容がまるで学術的な報告文といっていいくらい難解で硬い文章内容です。

      だれに読ませようと設置したのでしょうか。


      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM