<< レンガ積み職人が遺した建造物 〜 千葉県編()  時間を掛けてもろみの熟成を行うキッコーマンのレンガ倉庫(千葉県野田市)  | main | ステンドグラスを見に行く  海運王が岐阜の本邸隣に建てた洋館を飾ったグラス(岐阜県岐阜市)   >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.02.22 Sunday

    レンガ積み職人が遺した建造物 〜 千葉県編()  広い敷地を取り囲む柿渋黒板とレンガの塀(千葉県野田市)

    0

      キッコーマン本社北の通りを左に折れて浪漫通りを進むと黒板塀が美しいキッコーマン稲荷蔵があります。

      画像の右側に
      黒板塀が見えますが、栗の木材に柿の渋を塗ったものだそうです。


      Dsc_0650


      茂木七左衛門の仕込蔵として明治41(1908)年に建てられたもので、現在は倉庫として使用されているということです。


      このキッ コーマン稲荷蔵の先にレンガ塀が続きます。塀内は茂木本家・茂木七左衛門邸で立川流宮大工の流れを汲む佐藤良吉が設計し大正15年に建築されたそうです。


      レンガ塀は明治末期に造られたと言います。



      Dsc_0647


      2,400坪あるという広い敷地をぐるっと回ると幾つもの蔵が見えます。黒漆喰で塗った立派な蔵もあります。


      野田と言えば醤油、醤油と言えばキッコーマン、キッコーマンと言えば茂木家で、その茂木家の始祖は、明和年間に味噌醸造から転じて醤油醸造を始めた茂木七左衛門になります。


      Dsc_0649


      野田の醤油醸造の歴史は前回も記したように、寛文元(1661)年に上花輪村の名主だった高梨兵左衛門が醸造を始めたのが始まりです。

      茂木七左衛門が醤油醸造に参入したのは
      高梨家より遅れること100年余りですが、茂木家は親戚筋も醸造技術を実に着け醤油醸造家として産地としての野田を形成して行きます。


      Dsc_0648


      19世紀中期
      高梨家、茂木家の醤油が幕府御用醤油となり、昭和14(1939)年から宮内庁へ納め続けられている御用達品になっています。

      大正6(1917)年に同じ千葉県下の産地・銚子の醸造家との競争が激化し、野田での無用な争いを避けるため高梨家・茂木家などの8家合同で野田醤油株式会社を設立し、まもなく現在のキッコーマン醤油株式会社へと発展して行きます。


      Dsc_0651

       
      茂木家の旧敷地はキッコーマンの工場や美術館などに、高梨家のそれは上花輪歴史館として博物館展示と庭園が保存公開されています。
          


      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM