<< ステンドグラスを見に行く  GHQの接収でも改造から免れた旧本多忠次邸を飾るグラス(愛知県岡崎市) | main | ステンドグラスを見に行く  公会堂の窓から出征兵士を見送った幾何学模様のグラス(愛知県豊橋市) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2015.02.07 Saturday

    ステンドグラスを見に行く  風光明媚な三河湾を望む旧蒲郡ホテルのグラス(愛知県蒲郡市)

    0

      愛知県南東部に蒲郡市があり、三方を山に、沿岸部は渥美半島と知多半島に囲まれ三河湾に面しています。

      温暖な気候の海辺の街で、沿岸一帯が三河湾国定公園になっています。代表的な景勝地に三河湾に浮かぶ小島の竹島があります。


      Img_5822      (旧蒲郡ホテルから竹島と周辺の島々や渥美半島、知多半島まで三河湾が一望できます)


      対岸とは僅か400mしか離れておらず、竹島橋によって結ばれています。しかし竹島は暖地性の植生で植物相が大きく異なるという特異な環境があります。

      昭和5(1930)年に島全体が国の天然記念物に指定されています。これまでにサカキカズラ、カゴノキなど238種の高等植物が自生していることが分かっています。

      竹島は全域が八百富神社の境内で、弁財天が祀られており、開運・安産・縁結びのご利益があるとされます。


      Img_5843


      この温暖な景勝地に着目したのが名古屋の繊維会社「滝兵」(現 タキヒヨー)を経営していた滝 信四郎(のぶしろう、1868−1938年)です。

      明治45(1912)年に竹島海岸に料理旅館「常磐館」(現「海辺の文学記念館」)を建て、昭和7(1932)年に対岸から竹島までを私費で架橋します。


      Img_5833


      さらに同9(1934)年に山上に城郭風の木造3階建ての蒲郡ホテル(現 蒲郡クラシックホテル)を建てます。

      鉄道省国際観光局(当時)認定の国際観光旅館、つまり外貨獲得のための「国策ホテル」として営業を開始します。

      滝が負担したホテル建設費総額の4分の1の10万円だったといいます。


      Img_5840   (竹島まで歩いて渡る橋から旧蒲郡ホテルが見えます。下の白い外壁の建物がかつて常磐館の跡地に建てられた「海辺の文学記念館」です)


      旧蒲郡ホテルを設計したのは、元鉄道省の技師・久野 節(くの みさお、1882−1962年)で内装にアールデコ様式も採り入れています。施工は大林組が当たっています。

      ホテルの2階から3階へ上る階段室にステンドグラスが嵌められています。いつの頃に制作されて嵌入されたのか分かりませんが、一部に修復した跡が見て取れます。


      Img_5826


      滝 信四郎は繊維問屋・滝兵の5代目当主となってから株式会社化し、明治34(1901)年に社内改革に乗り出しそれまでの丁稚(でっち)奉公制を廃止し、月給制、公休日制を採り入れ待遇の改善に取り組みます。

      その一方で、蒲郡の観光開発に多額の私財を投資します。昭和9(1934)年に蒲郡ホテルを建設した後も観光開発を進めましたが、時代の流れは戦時体制に入って行きます。


               Img_5829

      昭和13(1938)年に信四郎が亡くなりますが、この年に綿花配給切符判実施され国家総動員法公布されています。

      戦時中の昭和19(1944)年になると、常盤館、蒲郡ホテルなどを日本陸軍病院に供用され、営業を中止します。

      戦後は米軍に接収され昭和27(1952)年になってようやく全館解除され、営業を再開します。

      昭和天皇や皇族たちもたびたび宿泊し、高級ホテルとして隆盛します。


               Img_5831

      しかし、昭和34(1959)年の伊勢湾台風によりホテル、常盤館とも大きな被害を被り、全館とも1カ月余り休養し復旧工事を行います。

      また、同45(1970)年大阪府吹田市の千里丘陵を会場に日本万国博覧会が開催され外国人の宿泊客を期待していましたが、誘客に失敗し当てが外れてしまいます。

      その後、公害問題で三河湾が汚染され竹島のアサリや三河湾の魚類に深刻な問題が発生し、折からの景気後退もあって観光客、宿泊客が激減します。


              Img_5846
                     (三河湾に映える夕陽も美しい光景です)

      関連会社の縮小、整理を進めますが、同55(1980)年に経営継続を断念、ホテルを蒲郡市に売却します。

      同市は同62(1987)年に国土計画蠅愍渡し「蒲郡プリンスホテル」となりますが、旧蒲郡ホテルが創業して100年に当たる平成24(2012)年に呉竹荘グループが継承することになり、名称も「蒲郡クラシックホテル」に変わっています。


      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM