<< 鏝絵細工を探す旅 〜 震災復興で蘇った横浜開港記念館の中心飾り(神奈川県横浜市)  | main | 鏝絵細工を探す旅 〜 防火建築として建てられた蔵造りの商家に遺るランプ掛けの天井飾り(富山県高岡市) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.12 Friday

    鏝絵細工を探す旅 〜 もう一つ長坂にあった三井さんの鷹の図(長野県北杜市)

    0

      山梨県下の取材を終えて長坂ICから長野道に入ろうと向かっていました。

      入り口近くまで来たところになまこ壁の土蔵が見えました。視線の先は当然、鏝絵や飾り瓦がないかチェックしていました。



      Img_5643


      蔵窓の上にありました。


      五町田の信号をターンして車を駐車場へ入れ、カメラバッグを担いで現地へ。予期せぬところで偶然出合えるのは、“得した”気持ちになります。



      Img_5641


      そして、「ああ、ここにも」と思わず声を上げていました。あの三井貴男さんの手によるものです。


      かつて北杜市津金地域へ三井さんが遺した鏝絵を見て回りました。



      Img_5645


      三井さんはいろいろな事象を取り上げ鏝絵にしていますが、なかでも鷲を数多く題材にしました。

      大きく羽を広げ、鋭い眼、嘴、爪など鷲の特徴を描き込み、背景に岩礁や松の老木などを配置します。そして、紺碧の色を使い荒れた空を表します。

      鷲を描くと第一人者ではないかと思っています。




      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
         123456
        78910111213
        14151617181920
        21222324252627
        28293031   
        << May 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM