<< 鏝絵細工を探す旅 〜 箱根のクラッシックホテルに飾られていた巨大鏝絵(神奈川県箱根町) | main | 鬼師が遺した飾り瓦   狐ではなく大黒と恵比寿が飾られていた稲荷社の屋根(神奈川県横須賀市) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.16 Tuesday

    鬼師が遺した飾り瓦   時代とともに柔和な顔立ちになって来た狛犬(神奈川県横須賀市)

    0
       
      横須賀市にある海上自衛隊田戸台分庁舎へ向かうには、地元の人たちが「長官坂」と呼んでいる坂道を上って行きます。


      その坂道の上り口に浄土宗の聖寺という寺院があります。その本堂の屋根に対になった狛犬の飾り瓦が載っています。



      Img_3771


      かなり現代風にアレンジデザインされていて、表情もそう険しくはなく可愛らしささえ漂ってくる雰囲気です。


      量産されている狛犬ですが、時代の流れとともに表情にも昨今は親しみやすさを意識してデザインされてきているのでしょうか。



      Img_3772


      以前、長野県安曇野市の狛犬の装飾瓦を特集しましたが、それらと見比べても現代感覚が感じられる造形になっています。


      Img_3770


      また、同じ屋根に鬼瓦もありますがこれも現代の鬼面になっています。



      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック