<< 鬼師が遺した飾り瓦   狐ではなく大黒と恵比寿が飾られていた稲荷社の屋根(神奈川県横須賀市) | main | 鬼師が遺した飾り瓦   飾り瓦を屋根に乗せる風習がない地方で見た大黒、恵比寿の装飾瓦(富山県朝日町) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2014.12.18 Thursday

    鬼師が遺した飾り瓦   七味唐辛子の老舗・八幡屋礒五郎にあった鍾馗(長野県長野市)

    0
       
      「八幡屋礒五郎」といえば、長野市の善光寺門前で七味唐辛子を販売する江戸時代から280年余り続く老舗ですが、今春、善光寺に行った際立ち寄ったところ、入り口の庇に当たる上に、鍾馗の飾り瓦があるのを発見しました。

      これまでも何度か入店しているのですが、全く気が付きませんでした。

      見た通り、型から抜いて焼成したもので手びねりの古いものではありませんが、善光寺周辺は瓦葺き屋根が多いもののこうした飾り瓦を見ることはありませんので、ある意味新鮮さを感じてしまいました。



      Img_4119


      七味唐辛子ですが、唐辛子をベースに七つの素材=七味がブレンドされた調味料であれば七味唐辛子と呼べます。


      七味唐辛子の三大老舗といわれる東京・浅草のやげん堀・中島商店、京都・清水の七味家本舗にしてもそれぞれの調合に工夫があり、それが味や香り、色などその店の七味の特徴になっています。


      八幡屋礒五郎の七味は、辛味を出すための唐辛子、辛味と香り両方を併せ持つ山椒・生姜、風味と香りの良い麻種・胡麻・陳皮・紫蘇の七つ。辛味と香りの調和のとれた独特の味わいが特徴です。



      Img_4121


      八幡屋礒五郎の七味唐からしの原料は、これまで県外産や輸入に頼っていましたが、創業時の原点に戻り唐辛子をはじめ配合する他の原材料も長野県産の委託生産に変え、名実ともに「信州の七味唐からし」としての魅力を高めることにしたといいます。



      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        コメント
        コメントする








         
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        30      
        << April 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM