<< 鬼師が遺した飾り瓦  ついに見つけた松本市街区の鍾馗さん | main | 鬼師が遺した飾り瓦   山辺学校に保存されている瓦鍾馗(松本市) >>
2015.01.08 Thursday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    2012.08.30 Thursday

    鬼師が遺した飾り瓦   自由奔放な鬼師(松本市)

    0
       
      松本の市街地でようやく鍾馗さんを見つけたことに気を良くし、後日、ゆっくり歩きながら時間をかけて探索することにしました。


      ほどなくして最初の一体と巡り合いました。


           251_3


      破帽を被らず、右手に杖を左手に大きな剣を抱えています。


           249


      脱破帽、杖持ち、左利きという鍾馗さんを見たのは初めてです。


           102_2


      そして、こちらが反対の軒に上がっていた対の一方の鍾馗さんです。

      こちらは破帽を被っていますが、少し変わった破帽で角が生えているように見えます。やはり右手に杖、左に剣を持っていたようですが、どちらも欠落しています。


      そして、この日発見した極めつけの鍾馗さんが、これです。恵比寿さんの上の鳥衾(とりぶすま)を見て下さい。鍾馗さんがいますね。


      鳥衾は、鬼瓦の上に突き出した円筒状の瓦で、野鳥が止まるために取りつけられるものです。つまり、鬼瓦に直接止まって糞などで汚されないために作られる防護用の瓦といってもよいかもしれません。


           123


      その鳥衾に、鍾馗さんが描かれています。これも初めて見ました。


      瓦鍾馗研究家のまさみさん(京都府在住)、小沢正樹さん(愛知県在住)も「初めて見るもの」「珍品」「貴重」「型破り」と一様に驚かれています。


      これまでに全国の瓦鍾馗を数多く見て来られているお二人がおっしゃつていますので、これは希少価値の鍾馗さんといえそうです。


           116


      鳥衾に描かれる文様は通常、家紋や屋号が多いのですが、造形上のみならずこの鬼師の型にとらわれない制作上の奔放さには目を奪われます。



      2015.01.08 Thursday

      スポンサーサイト

      0
        この記事のトラックバックURL
        トラックバック
        Calendar
          12345
        6789101112
        13141516171819
        20212223242526
        2728293031  
        << August 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM